エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」が初のカラオケ首位獲得「これからも歌っていきたい」

 大阪府立登美丘高校ダンス部「バブリーダンス」の動画サイトで一躍脚光を浴び、リバイバルヒットとなっている歌手・荻野目洋子(49)の1985年のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が、1月15日付(集計期間:1月1〜7日)で初の1位を獲得した。

 荻野目は「老若男女問わず選曲して頂けたことが、1番嬉しいです。場が和むような歌をこれからも歌っていきたい」と喜びのコメントを発表した。

 同曲は、昨年11月13日付の同ランキングで43位に初登場。「バブリーダンス」の人気とともにランクアップし、12月11日付で初のTOP10入りした。今年に入り1月1日付、1月8日付では2週連続の3位を記録していた。

 オリコンのカラオケランキングは、1994年12月26日付でスタート。カラオケメーカー(調査協力:第一興商(DAM総合)、エクシング(JOYSOUND))から提供された各楽曲のリクエスト回数をもとに毎週集計している。(数字は、オリコン調べ)