エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
井上真央、30代の悩みを告白

 女優の井上真央が、11日に都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「明日の約束」制作発表会見に出席。子役から活躍し、今年30歳を迎えた井上がオトナの悩みを告白した。この日は、及川光博、工藤阿須加、白洲迅、新川優愛、佐久間由衣、青柳翔、羽場裕一、手塚理美、仲間由紀恵も登壇した。

 作品にちなみ、自身が見舞われたトラブルについて質問されると、「唐揚げがすごく好きで、朝早いときは(現場に)おにぎり2個と唐揚げが置いてあるんですが、如実に肌に出てくる年齢になりまして……」と、油っぽいものを食べることで肌が荒れるようになったことを吐露すると、「朝7時の唐揚げを断つことを約束させていただきたい」と宣言。しかし、及川いわく「唐揚げ以外にも(揚げ菓子を)ポリポリ食べている」そうで、井上は「油っこいものばかり食べるからいけないんでしょうね。30(代)に入ったので、もうちょっと自覚したいと思います」と反省の言葉も口にした。

 本作は、生徒の心のケアに尽力する高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上)が、ある男子生徒の不可解な死の真相を解き明かし、「生きる上で大切なこと」「家族のあるべき姿」を見つけ出す姿を描くミステリー。

 井上は、「イケてるメンズが多い現場で、可愛い後輩、頼りになる先輩方もいて、楽しく安心感がある中、順調に撮影が進んでいます」と報告すると、「放送前は何とも言えない緊張感があるんですが、良い作品になっていると思いますし、これからもみんなで頑張っていくのでご期待ください」とアピール。

 また、「現場でもカウンセラーでいたい」と願うと、「撮影が滞りなく進むようにスタッフ・キャストの心の声を聞いて、『台本が遅いぞ』とか『今日のお弁当イマイチだったぞ』とか(率先して進言して)河西秀幸プロデューサーと戦いたい」と意気込み。それを聞いていた及川は「真央ちゃんは結構男らしい。ちょっと空気がダラッとしたときに『よぉっ!』と(声を出して)士気を上げてくれる」と、すでに男前の一面を見せていることを明かし、感心していた。(取材:錦怜那)

連続ドラマ「明日の約束」は10月17日よりカンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜夜9時〜放送(初回20分拡大)