エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
減量手術のマライア・キャリーが病気でツアー中止

 米歌手マライア・キャリー(47)が、上気道感染症のためにクリスマスツアーをキャンセルすることを発表した。

 キャリーは17日から自身の代表曲「恋人たちのクリスマス」のタイトルを冠にしたクリスマスツアーを開催予定だった。「ホリデーのギフトをあげる季節がやってきたけど、私は先週インフルエンザにかかった後、上気道感染症というプレゼントをもらったみたいなの」とコメント。ドクターストップがかかったために予定していた最初の数公演を中止することを明かした。

 ステージ上で歩くのもままらならいほどの激太りが取りざたされていたキャリーだが、減量のために胃を小さくする手術を受けて驚くほどスリムになった姿を披露したばかり。全盛期に近づいてきていると本人も喜んでいると言われるだけに、華麗なダンスを期待していたファンはがっかりしたようだ。現時点で復帰の目途は明らかにされていない。(ロサンゼルス=千歳香奈子)