エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
堂本剛、退院直後にキンキ番組ロケにサプライズ出演していた!光一もビックリ

 左耳の突発性難聴で闘病中のKinKi Kids堂本剛(38)が13日放送のフジテレビ「KinKi Kidsのブンブブーン」(日曜後1・30)に“サプライズ出演”した。この日の放送回は、剛が退院した先月上旬に収録されたもので、堂本光一(38)とゲストの女優・永野芽郁(17)も剛の登場に驚きの表情を見せた。

 オープニングでは光一が「剛くんは今日もいません」と報告し、画面上にも「※今週も剛は体調不良のため欠席」とテロップが表示された。ゲスト出演した永野の「蕎麦(そば)打ちをやりたいです」という願いを叶えるため、創業130年の老舗蕎麦店に移動し、2人は蕎麦打ち体験に挑戦した。作務衣姿の2人は手打ち蕎麦や卵焼きづくりに奮闘。でき上がった蕎麦を実食すると、光一は「うまっ!」とニッコリ。永野も蕎麦を堪能しご機嫌だった。

 収録も終わりを迎えた時に、いきなり蕎麦店の入り口が開き、タンクトップ姿の剛が登場。蕎麦を食べていた光一は「えっ!?なになに〜!?」とビックリ。永野も口元を手で抑えて驚いた。

 剛はカメラ目線で「この度は各方面の方々に、多大なるご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます」と頭を下げた。続けて「ドクターストップがかかったため、入院に至りましたが、皆さまの期待も虚しく回復が全くしておりません。これから先も多少皆さまにご迷惑を掛けることがあると思いますが、何卒優しい気持ちで、どうぞ蕎麦に寄り添っていただければと思います」と冗談を交えながら自身の状態を報告した。

 この日退院したばかりの剛は、スタッフや出演者に内緒でサプライズで駆けつけたといい、光一が「蕎麦食べる?」と問いかけると箸を持って光一の蕎麦を実食。「うまい!病院のご飯も美味しかったけれど(蕎麦)美味しいね」と笑顔だった。