エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
桂文枝「落語家がR-1ぐらんぷり出れば勝てると思う」

 芸能生活は50年を迎えた。今年74歳、桂文枝。上方落語会の押しも押されもせぬ重鎮である。審査員を務めているピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」に対する思い、衰えぬ芸への探究心について、ノンフィクションライター・中村計氏が聞いた。

 * * *
 ややのんびりとした、それでいて、艶やかに感じられる関西弁だ。

「僕の言葉は、アクセントは大阪弁ですけども、文字にすると、そんなにコテコテでもないんですよ」

 上方落語界の重鎮・桂文枝は、感情の波をほとんど感じさせず、恬淡(てんたん)と語る。その様子は、テレビで知る開放的な文枝とは、少し違った。

 1966年、桂小文枝のもとに入門し、長らく桂三枝を名乗っていた。そして2012年に、上方落語界の大名跡、桂文枝を継いだ。

 控えめな口調であるにもかかわらず、どこかきっぱりとした印象を与えるのは、「えー」「あー」といった無意識に発してしまいがちな言葉を、まったくと言っていいほど挟まないからかもしれない。文枝は高座でも、好きではないという理由で、そういった間投詞を使わないようにしているという。

 文枝は7月で74歳になった。

──噺家は声が出る限り、高座に上がり続ける。大変なご商売ですね。

「歳とともに芸は円熟味を増していくとか、渋味が出てくると言われますけど、僕は劣化していくと思いますね。声の力とか、勢いとか。若いときよりも稽古しないと、うまくいかない」

──それでも今も、ほとんど休みがないとうかがいました。

「吉本興業に育ててもらったせいか、忙しくしてるときの方が充実感がある。暇になったらどうしょうかみたいなところがありますけども」

 昨年12月、師匠の桂小文枝の弟子となってから50年を迎えた。それを記念して7月13日、富士山に登頂し、頂上で奉納落語を行った。

 その約2週間前、今回のインタビュー時には、こう話していた。

「50周年という節目に、富士山の上で、落語やろうかなと考えています。それで昨日、富士山へ1900何回登ったという人から、レクチャーを受けたんです」