エンタメGETsおまとめ お気に入り
追加
おばたのお兄さん『R-1』で脱・小栗旬 本家も心配「これだけで大丈夫か?」

 お笑い芸人のおばたのお兄さんが17日、都内で行われた“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』の開催発表記者会見に出席。同大会への参加を表明したおばたは、得意とする小栗旬の物まね以外のネタで挑むことを宣言し、「小栗旬さんにも『これだけで大丈夫か?』って言われているので、別のものを見せたい」と本家から心配されていることを明かした。

【写真】交際相手…ひざ上スカートでランウェイに登場した山崎アナ

 物まね番組で注目されたことで続けてきたが、「本当はやりたいネタがあった」といい、具体的な内容は「物まねではない。ただ、形態模写みたいなものになると思う。完全に小栗さんを外すというわけではないかもしれない。飛び道具みたいな。去年1年間めちゃめちゃ叩いたネタ」と手応えはある様子。優勝賞金500万円の使いみちは「とにかく小栗旬さんに貢献したい」と感謝を込めた。

 2002年より開催してきた同大会も今年で16回目。12月26日から予選がスタートし、決勝戦の模様は来春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送を予定している。この日は、石出奈々子、おいでやす小田、オジンオズボーンの篠宮暁、紺野ぶるま、トレンディエンジェルのたかし、マツモトクラブ、三浦マイルド、メルヘン須長、ルシファー吉岡、レイザーラモンRGらが出席し、全員大会への参加を表明。PR大使に関根勤、RG、昨年度王者のアキラ100%が就任した。

 優勝経験者の三浦マイルドは「今、増毛しているんです」と告白し、「決勝の舞台ではリーゼントになっていると思う」と予告。RGは「西野カナさんの『トリセツ』にあわせて、細川たかしさんの“トリセツ”を歌いたい」と意気込み、沢口靖子の物まねを得意とするメルヘン須長は優勝賞金で「盛大なルヴァンパーティー」と野望を語った。